現状を正しく把握する

借金返済に窮し、いわゆる延滞が発生してしまった際に最も大切な事は、現状を正しく把握から、決して甘口ではなく辛口な近未来の展望を見据える姿勢と作業です。状況を悪化させてしまう多くの方々が実践してしまう自転車操業すなわち「返済のために新たな借入を起こしてしまう」選択です。その先に果たして何が待ち受けているのかは重々承知にも関わらず、この誤選択に及んでしまうのが借金を抱えた人達に襲いかかる精神的プレッシャーの恐ろしさなのです。

こうした初動の誤りを回避する上でも、全国各地の法律事務所が実施する弁護士の無料相談サービスの活用がお薦めです。早期の相談であれば、既に精神的に追い詰められ始めている自身が見落としていた、あるいは気づかなかった借金返済法の提案を通じ、債務整理に及ぶ手前での解決が叶う可能性も十分です。

参考|債務整理・借金返済の無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所

一方で総合的な判断から、既に元来の契約に沿った完済が困難と判断された場合でも、即自己破産なる最終選択に及ぶ前の、他の債務整理方法に関しての説明とアドバイスが仰げ、現在から未来に自身に及ぶデメリットを可能な限り抑えた解決法の模索が叶います。大切なのは弁護士との質疑応答を通じ、先ずは自身の現状を正しく把握する作業です。